不登校生活10〜子どもの不登校で心がけたこと〜

小中学生で不登校になっても将来は大丈夫 / 不登校生活  / 不登校生活10〜子どもの不登校で心がけたこと〜
不登校でも大丈夫、生きていこう

不登校生活10〜子どもの不登校で心がけたこと〜

 

子どもが不登校になり
私が意識したこと

 

moco

いろんな経験をさせる

moco

娘が興味を持ったことは
できる限りさせてあげる

 

 

不登校になるとスーパーに連れて行くだけでも

世間

学校は来ないのに
出かけられるじゃん

という目で見られることも多かった
単なる怠けじゃないの?という視線

その視線と表情は大人の私でも辛かった

 

そして適応指導教室に登校し
友達と笑っている娘を見て
とある学校の校長先生が

先生

明るい不登校児だね

と娘に言ったこともあります。

 

校長先生は褒めたつもりだったかもしれません
しかし当時は

moco

不登校だと笑ってはいけないのか?
その笑顔は心から笑ってないのに。。。

という悲しい気持ちになりました

 

人の目に疲れていたんですね・・・

 

不登校生活を送って
いろんな機関に相談して
感じたこと

moco

結局、当事者の辛さも悩みも他の人が理解するのは無理なのだ

ということ

 

moco

ならば人の目を気にして
行動制限してはいけない

 

世間

やることをやらなければ
他もやってはダメ

興味のあるものだけやってはダメ

 

という思考になりがち

 

でもそんなことを言っていたら
不登校の子どもは
何もできないことになる

 

moco

生きて行く為の大切な経験や学びのチャンスが全くなくなる

そう思い、娘が興味を持ったことは
できるだけ経験させました

 

moco

子どもに不登校である事をマイナスに思わせない

moco

不登校だからできる事、挑戦できる事を常に探してました

 

時間はある
シーズンオフに旅行にいける
大人の集まりに同伴で連れて行く
親の職場に同伴させる
趣味のおかし作りを極める

 

子どもが自信を失わないように
マイナスに見える事を
プラスに見る事を考えました

 

 

練り香って作ってみたい

 

その言葉に

moco

よし!京都に行こう!

と数年がかりで旅費をため
京都に行き
練り香を作りました

 

学校では学べなかった
金閣寺・銀閣寺も見てきました
沖縄では、金閣寺・銀閣寺を目の前で見る事はなかなかできないこと
他の子たちが経験できないことをできたねと

 

moco

考えたこと・思った事は実現できる
やりたい事はやればいい

を体感して欲しかったのです
未来への希望と自信を得るために

 

日々の小さな事から
やればできる
思って行動すれば叶う

を可能な限り体験させていきました

 

 

6年間の不登校生活を子どもと歩んで思う事

 

moco

学校に行かないからと
全てを制限してしまうと
得意な事、意欲など
未来に続く可能性をなくしてしまう

moco

やりたい放題ではなく
未来に続く体験・経験をさせる事は大切

 

そう信じて、不登校生活を過ごしました

 

moco

あなたと子どもの人生
人の目は気にせず
子どもにとって良いと思った選択を

一つ一つ丁寧に
子どもの事を信じて

 

ヘコタレそうな時は
安心して気持ちを吐き出せる人や場所で吐き出して
母親も人間
辛いものは辛いし
不安なのは不安

 

その吐き出し口を見つけて
また自分を信じて

 

応援しています

 

子どもの不登校を経験したmocoがお母さんのお話ききます

あなたを1人にさせない
不登校の親を経験したmocoの
泣いて笑顔になれる涙サロン

 

 

 

→不登校生活9〜親としてどのように対応したのか?〜

 


 

学校へ行けない親子のためのLINEスタンプ
(Yahoo!ニュースでも掲載されました)
・親子会話編
・子ども体調編
・SOS編

No Comments
Post a Comment

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)