不登校生活17 〜私の対応・方針を決めるまで part3〜

小中学生で不登校になっても将来は大丈夫 / 不登校生活  / 不登校生活17 〜私の対応・方針を決めるまで part3〜
不登校だった娘が当時の気持ちを書いたイラスト

不登校生活17 〜私の対応・方針を決めるまで part3〜

 

不登校生活16 〜私の対応・方針を決めるまで part2〜
の続きです

 

娘は中学2年生頃から
学校に行ける日も増えました

 

moco

学校に行かなくても生きて行く方法はある!

 

moco

たとえ私のやり方がうまくいかず
娘が就職や自立ができなかったとしても

私が雇える人になり娘を面倒みる!

そう覚悟を決めて
私が方向転換をすると
結果的に学校へ行けるようになってきました

 

もちろん数年間かけて
少しづつ、焦らずにです

 

塾も友達と一緒に探してきて
中2の夏から通い始めました

 

そして普通高校へ無事入学しました

 

高校では
バンドを組み
休みの日もバンド活動にいき
いろんなイベントに出演するようになりました

 

朝、当たり前のように起きて
当たり前のようにご飯を食べて
普通に制服を着て

行ってきます

と出て行く

 

それが奇跡のような毎日でした

 

毎朝

moco

今朝はどんな表情で起きてくるのか?

朝は起きるのか?

今日も学校に休むと連絡を入れないといけないのか?

と気が重い朝を迎えなくてすむようになりました

 

moco

学校に行かなくてもいい

そう思っていても
やはり普通に学校へ行ってもらう方が
気持ちは楽なんですよね

 

本当は怒っても行かせるべきなのか?
私の方針は間違っていないか?
いろいろ考えなくて済むんです

 

やっぱり朝は気が重かった

 

でもそんな朝もなくなり
普通の朝を迎えられるようになりました
こんな日が来る事は想像できませんでした

 

高校卒業後は
自分で専門学校を見つけ
東京に1人で試験を受けに行き
2年半の一人暮らしをして
沖縄に戻ってきました

 

不登校当初に言われていた

世間

弱い、怠け
努力不足
もっと強くしなさい

そんな言葉は全然心配する必要はありませんでした

 

沖縄とは全く違う生活
気候も習慣も全く違う
初めての電車通学
初めての1人暮らし

専門学校とバイトの毎日

身内もいない中
1人で頑張って過ごしてきました

 

私は不登校の子どもは
決して

弱いわけでも
怠けているわけでも
甘えているわけでも
ないと思っています

 

むしろ
自分の心を守るため
ちゃんと自分の危機を察知できる
そして自分を守る行動を起こせる
すごい子どもたちだと思っています

 

特に日本は
みんなと同じであれば
何も言われなくてすむ風潮

 

強くなければ
人と違う行動なんてできないと思っています

 

だから
もっと自分を信じてもいいと思ってます

 

 

 

私は世間の普通と比べることで
自分を苦しめていました

 

 

「学校に行ける子」と「行けない自分の娘」を比べ
娘は弱いのか?
社会でいきていいけるのか?
不安になりました

 

誰かや世の中と比較したり
周囲の評価や意見を気にすることを
「必要ない」とやめて

娘が生きて大人になり
自分で生きていける力を身につけさせる為には
に集中しました

 

 

不登校だった娘は21歳になりました
私が21歳の頃よりも考え方もしっかりした大人になりました

 

 

そして素敵な笑顔をたくさん見せてくれます
10歳も満たないのに無表情だった娘が毎日笑顔でいてくれてます

 

大切な人の笑顔
これは当たり前ではなく
奇跡です

 

私はこの笑顔を取り戻すまでに
数年という時間を要しました

 

今笑顔でなくても
笑顔になれる日は来ます

 

今笑顔があるなら
その笑顔を守ってあげてください
そう願っています

 

 

6年間の不登校生活を子どもと歩んで思う事

 

moco

子どもに今何が必要か見極めるのはとても大切
でもとても難しい

 

moco

見極めるには
日頃から子どもの様子を観察する事が大切だと思いました

 

そして親ができる事

moco

生き方の選択肢や知恵を沢山知っておくこと

ではないかと

今は
「進学して、就職して、給与を頂く」
「組織の中で生きて行くコミュニケーション能力が必要」
という生き方しかないと思うから

 

「学校に行けなくなった」事で
ものすごく多くの非難や不安がでてくるのではないかと

 

他の生き方もあることを知っていれば
学校に行けないからと止まっていた生活も
目標に向かって
親も子どもも動けるようになるのではないかなと思います。

 

子どもも希望が持てれば
自然と動き出すのではないかと思います

 


お母さん向けメンタリングサポート

メンタリングサポート

あなたを1人にさせない
不登校の親経験者によるメンタリングサポート


 

不登校を経験した母と子のトーク会  〜学校へ行けなくなった時どうしたの?〜  →

 

←不登校生活16〜私の対応・方針を決めるまで part2〜

 


 

学校へ行けない親子のためのLINEスタンプ
(Yahoo!ニュースでも掲載されました)
・親子会話編
・子ども体調編
・SOS編

No Comments
Post a Comment

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)