不登校生活31 〜子どもになんと言えばいいか?〜

小中学生で不登校になっても将来は大丈夫 / 不登校生活  / 不登校生活31 〜子どもになんと言えばいいか?〜
不登校 親 対応

不登校生活31 〜子どもになんと言えばいいか?〜

 

こんにちは
不登校家庭メンタリングコーチ
盛島美奈子(moco)です

 

今年に入り地元メディアの取材
新聞へ執筆することも多くなり
名前でホームページを検索される方が増えました

ニックネームのみだと
検索で探せないので
本名も公開いたしますね

 

 

moco

改めてよろしくお願いします

 

今回は最近の続いた相談内容について

 

お母さんたち

○○な時、何と言えばいいですか?△△と言った方がいいですか?

 

このような質問がお母さんたちからたくさん届きます

 

私も

moco

何が正解なの?
誰か教えて欲しい

と思っていました
正解を知っている人に会いたくて
でも会えなくて悩み続けました

 

うまくいく方法がわからない
その方法さえわかればうまく行くのに

 

moco

しかし、数学のようにこれが正解!

 

という答えはありませんでした

 

ないというより
どれも正解になりうるし
うまく行かない方法にもなりうる

 

moco

同じ言葉でも

 

状況や場面
環境
お互いの関係性
で全然違う意味を持つ

 

だから
子どもの表情や素ぶり
言動、行動etc

 

様々な情報から推測し
今何が必要かを判断するしかない

moco

独りよがりの判断にならないようにいろんな考え方に触れ

 

自分に当てはめて考えるしかない

 

私は、こう言いなさいという言葉はいいませんが
判断するための考え方や捉え方のアドバイスをしてます

moco

私は経験から学んだ考え方や大切だと思う事をお伝えしています

 

 

相談やアドバイスは視野を広げる為に大切です

 

 

いろんな方の経験から得た事を参考に判断して

お母さん

この対応ではなかったな

と感じれば
違う選択をしたらいいのです

 

また一緒に考えます

 

その繰り返しだと思います
それしかないと思います

 

 

 

また

お母さんたち

○○に行かせいけど、行けないかもと言っている。どうしたら前向きに参加してくれるのか?

という内容もよく頂きます

 

親としては行事は参加して欲しいし
友達の誘いにも応えて友情を深めて欲しい
そう思いますよね

 

特に学校へ行けないからこそ
そうして欲しい

moco

ただそれは親の望みや期待

親が思っているベストな選択

 

親と子どもは同じ価値観でも性格でもないし
全く同じ状況にいるわけでもない
同じ選択をしなくても当然

この事を知っておくと気持ちが軽くなると思います

 

 

6年間の不登校生活を子どもと歩んで思う事

 

moco

絶対的な正解も間違いもないと思います

 

違うなと思えば、そこから別を選べばいい

 

moco

専門家や経験者から話を聴き

 

子ども側にたって一生懸命考えて選択する

 

moco

世間や世の中の普通に合わせようとするのではなく、子ども自身を観てあげる

 

なかなか大変なことではあります
親の感情も浮いたり沈んだりと苦しいです
だからこそ世間と比べるのではなく
子ども自身を観て
何が必要かを考えてあげることが
親も子どもにとってもいいと思います

 

今、不登校で悩んでいるお母さんや
子ども達の笑顔に繋がりますように
心を込めて・・・

 

 


お母さん向けメンタリングサポート

メンタリングサポート

あなたを1人にさせない
不登校の親経験者によるメンタリングサポート

 


 

小中学生で不登校になっても将来は大丈夫
1970.01.01
小中学生で不登校になっても将来は大丈夫
https://mother.okinawa/mental/

 



少しでも参考になればと思い
娘と私が読んだ本をいくつかまとめました

娘と私(親)が不登校時代に読んだ本 盛島美奈子

→不登校時代、娘とmocoが読んでいた本

当時はとにかく本を読みまくりました
本から沢山の勇気と価値観を得ました

 

今も私の人生
娘の人生に大きな影響を与えています

 


 

学校へ行けない親子のためのLINEスタンプ
(Yahoo!ニュースでも掲載されました)
・親子会話編
・子ども体調編
・SOS編

No Comments
Post a Comment

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)